ディズニーランド・シーの身長制限

数多くの魅力的なアトラクションが存在するディズニーランドとディズニーシー。

小さなお子さんを連れて、ディズニーランドやシーに遊びに来てる家族もたくさん見かけますよね。

ただ、魅惑のアトラクションのなかには、一部、身長制限のあるアトラクションもあります。

せっかくのディズニーランドやディズニーシーを思いっきりストレスなく満喫するうえで、身長制限の壁につまづくなんて避けたいものですよね。

そこで、身長制限があるディズニーランド及びディズニーシーのアトラクションについて、調べてみました。

ディズニーランドの身長制限

身長制限90cm以上

  • スプラッシュ・マウンテン

ディズニーランドのアトラクションのなかでも、とくに人気の高いのがスプラッシュマウンテン。

最大45度の傾斜を一気に落下、その落下速度は62㎞/h。

ディズニーランドのアトラクションの中でも最高クラスの速度を誇るそうです。

このスプラッショマウンテンを楽しむためには、90cm以上という身長制限と3歳以上という年齢制限があります。

身長と年齢の両方をクリアしていないと乗ることができないので、注意が必要ですね。

  • ガジェットのゴーコースター

トゥーンタウンにあるキッズ向けのコースターライド、ガジェットのゴーコースター。絶叫系が苦手という子ども、ゴーコースターなら大丈夫というケースも多いようです。

実際、多くの子供達の楽しそうな声がきこえてますよね。
ただ、ガジェットのゴーコースターも、スプラッシュマウンテンと同じく、90cm以上という身長制限と3歳以上という年齢制限があります。

身長制限102cm以上

  • ビッグサンダー・マウンテン

上下の動きが大きく、激しく揺れて、さらに急旋回も連続するビッグサンダー・マウンテン。

絶叫系のマシン好きの人にはたまらないアトラクションですよね。

また、屋外を走るジェットコースターということもあって、ディズニーランドの景色を楽しめるのも魅力の一つです。

ただし、ビッグサンダー・マウンテンには、102㎝以上という身長制限があることをお忘れなく。

  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

「スター・ウォーズ」をテーマにした、3D映像を楽しめるアトラクションのスター・ツアーズ。

スター・ウォーズファンにはたまらないアトラクションですが、もう一つ大きな魅力があるんです。

それは比較的、待ち時間が短いこと。

身長制限102㎝以上をクリアしていることが条件にはなりますが、すんなり乗れてしまうことも少なくないようです。

  • スペース・マウンテン

ロケットに乗り込み、スリル満点の宇宙旅行を味わえるスペースマウンテン。

真っ暗な暗闇の中を高速で走り抜ける、独特のスリルと雰囲気は、ハマる人はかなりハマるようですね。

「暗いところが怖い、苦手」という子どもにとっては、オススメのアトラクションではないかもしれませんが、宇宙飛行士とかに憧れる子どもにとっては最高のアトラクションかも。

年齢制限はありませんが、102㎝以上という身長制限があります。

ディズニーシーの身長制限

身長90cm以上

  • ニモ&フレンズ・シーライダー

潜水艇に乗り込み、海の世界を探検できる、ディズニーシーの人気アトラクションが「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

雨の日でも関係なく遊べる、安心のアトラクションです。

映画「ファインディング・ニモ」と「ファインディング・ドリー」の世界観を体感できるアトラクションということで、とくに小さい子供たちに人気のようですが、身長制限90cm以上ありますので注意が必要です。

  • フランダーのフライングフィッシュコースター

小さな子供でも楽しめるジェットコースターという位置付けの、フランダーのフライングフィッシュコースター。

時速33km/hと、比較的遅めの絶叫マシンということで、親子で一緒に楽しめるコースターといえます。

かわいくて、ゆっくりめのコースターとはいえ、やはりコースターには変わりありません。

身長制限があり、90cm未満では乗ることができません。

身長102cm以上

  • タワー・オブ・テラー

「テラー」という恐怖を意味する単語が名前に着く、ディズニーシーで最もスリリングと言われるアトラクションがタワー・オブ・テラーです。

エレベーターに乗って、マンション最上階に向かい、高さ38mから急降下…

想像しただけでも、ゾクゾク・ドキドキしてしまいますね。

大人ですら、恐怖で敬遠する人が続出するアトラクションですが、おそれ知らずの小さい子供たちのほうがむしろ嬉々として楽しめるのかもしれませんね。

そんなタワーオブテラーの身長制限は102cmです。

身長117cm以上

  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

こちらもスリル満点のアトラクション、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮。

大型ジープに乗って、左右に激しく身体を揺らされながら、実際の車で冒険しているかのようなハラハラ感が味わえるんですよね。

ジェットコースターとは一味違った感覚が楽しいアトラクションです。

揺れ落とされそうになるほどの激しい揺れは、小さい子どもの安全面を考えると身長制限があるのは当然でしょう。

身長制限117cm以上の設定となっています。

  • レイジングスピリッツ(かつ、195cm以下)

東京ディズニーリゾートの中で、唯一、1回転ループが体験できるアトラクションとして知られるレイジング・スピリッツ。

360度ループするため、身長制限は、117cm以上というだけでなく、195cm以下という上限もあります。

となると、子どもは乗れるのに、付き添いのお父さんは乗れない、なんてケースも十分ありえますね。

背の高いお父さんがいる家庭は要注意です。

  • センター・オブ・ジ・アース

ディズニーリゾートのアトラクションの中で、最速を誇る乗り物が、センターオブジアース。

最高速度はなんと、時速75㎞というスピード!

地底走行車に乗って、地下世界を探検するアトラクションですが、猛スピードでスリルを楽しむことができます。

最速とはいえ、女性や子供でも乗りやすいので、家族連れに人気のアトラクションですが、身長制限117cmあることをお忘れなく。

どうやって計測するの??

90cm,102cm,117cm…と3段階の身長制限のアトラクションたち。

では、どうやって身長制限をクリアしているかをチェックしているのかというと、、、

アトラクションエントランス付近にある目印付きの棒状の測定器を利用して測定するのが基本となります。

ただ、測定が微妙だった場合には、健康診断などでよく利用されている測定器で測定することもあるようです。

身長制限を見事クリアすると…

無事に身長制限をクリアした子どもには、その証として、リストバンドがもらえます。また、2018年10月からは新たにシールももらえるようになりました。

リストバンド

各アトラクションのエントランス付近にある身長計で、キャストさんが身長制限にひっかかっていなかを計測してくれますが、見事クリアすると、もらえるのがリストバンド。

リストバンドさえあれば、他の身長制限があるアトラクションに行くたびに、また身長を測る必要がなくなるのでとてもスムーズになります。

ちなみに、

  • 身長制限90㎝をクリアしたら青
  • 身長制限102㎝をクリアしたら赤
  • 身長制限117㎝をクリアしたら緑

と色分けされていて、一目でわかるようになっています。

ファーストライドシール

2018年10月より配布が開始された比較的新しいシステムが、ファーストライドシールという記念シール。

これは、身長制限を初めて突破した場合にだけもらえるスペシャルなシール。

「初めて」という一回限りしかもらえないので、特別感がありますね。

子供だけでなく、大人でももらえるんですよ。

さらに、ディズニーランドとディズニーシーで、ファーストライドシールの色合いが若干異なるのも、コレクション欲を刺激してくれます。

まとめ

東京ディズニーランド及びディズニーシーの身長制限のあるアトラクションについてまとめてみました。

せっかくランドやシーに来たのに、身長が足りなくて乗れなかった、、、

というのは悲しい思い出かもしれませんが、見方を変えれば、次に来る時までに、身長を伸ばそうという子供の意欲に火をつける効果が期待できるかもしれませんね。

不規則な生活だったり、食べ物の好き嫌いが激しかったり、運動嫌いだったり、子供の成長にとって良くないシチュエーションのときに、

「背が伸びないとあのアトラクションにいつまでも乗れないよ」

なんて一言言ってみれば、たちまち態度が変わったりするかもしれませんね。

子供の成長のモチベーションとしても、ディズニーランドやディズニーシーの身長制限を使うって、なかなか有効な手段といえそうですね。