身長が伸びるサプリは??

成長期。

中学生や高校生にとって、身長が伸び、体重が増え、体格が大きくなると同時に性差が出始める時期。

女子中学生や女子高校生にとっては、痩せ願望が目覚め始める時期であり、

男子中学生や男子高校生にとっては、背が高くなりたいと思い始める時期。

実際、成長期は身長の伸びが著しい時期で、背が高くなる大チャンスの時期ですが、逆にいえば、

「ここで背が伸びなければ後がない…」

という不安と心配を抱えやすい時期とも言えますよね。

親にとっても、子どもにとっても、身長の伸びが遅れていると気が気ではないナーバスな悩みを抱える時期ですよね…

そこで、頼りになるのが身長を伸ばすサプリメント。

身長を伸ばすサプリメントについて、どんな種類があるのか、どんな効果が期待できるのか、調べてみました。

身長を伸ばすサプリメント

飲料タイプ、錠剤タイプに、経口スプレータイプ。

様々な種類があるサプリですが、「背が伸びることに効果アリ!」

といった謳い文句を見ては、どれにしようか、どれが子どもの成長に一番役立ってくれるか、あれこれ比較検討して、注文し、実際に飲んでいるという家庭も少なくないのではないでしょうか。

そんな身長を伸ばすサプリメントですが、大きく分けて、2種類あります。

1つは、カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメント。

そして、もう一つは、成長ホルモンの分泌を促進する物質を含んだサプリメントです。

1,カルシウム,鉄,ビタミンD,亜鉛等を含むサプリ

骨をつくり、強化するカルシウム

骨の土台に欠かせない鉄やマグネシウムなどのミネラル。

カルシウムの吸収率をグンと上げてくれるビタミンD

そして、骨が急激に成長するために使われる酵素ALP(アルカリフォスファターゼ)の補酵素として使われる亜鉛

こうした成長に必要な栄養素をバランス良く補給できるサプリメントは人気が高く、実際よく見かけるところですよね。

2,成長ホルモンの分泌を促進するサプリ

成長ホルモンの分泌を促進するとされる物質で代表的なものといえば、

アルギニン

アミノ酸の一種であるアルギニンは、低身長を心配する親の間で、成長ホルモンを分泌させる物質としてしばしば話題になるようですね。

サプリはいつ飲むのが身長伸ばすのに効果的??

いつもの食事と合わせて、サプリを飲むようにするのが効果的なようです。

これは、食材から摂った栄養素と組み合わさることによって、より効率良く吸収できるからだそうです。

サプリメントで身長は伸びない??

成長に必要な栄養素を補充するサプリや成長ホルモンの分泌を促進するサプリを積極的に利用している家庭にとっては、そんなの信じられない、といったところかもしれません。

多くのサプリメントが「身長を伸ばす効果がある」と、新聞や雑誌、インターネットで、大々的に宣伝されていますが、実のところはどうなのでしょうか。

日本小児内分泌学会では、まったく正反対ともいえるような評価がされているってご存知ですか。

サプリによっては、「身長を促進する」とは明確には言っていないものの、「成長促進に効果がある」と受け取れるような強い印象を与えているものもあります。

そのため、日本小児内分泌学会員で成長障害の診療を行っている、ある医師は、低身長症で悩む子を持つ親から「本当に伸びるのでしょうか??」という問い合わせをしばしば受けるそうです。

日本小児内分泌学会による科学的立場からの評価・見解は??

1,成長に必要な栄養素を補充するサプリへの評価・見解

たとえば、主に乳幼児期に発症するビタミンD欠乏性くる病という病気による成長障害に対しては、ビタミンDを補充することによって、成長は正常に回復するといいます。

ですが、栄養素の不足がない場合には、サプリメントを摂取しても、成長を促進するという科学的なデータはないそうです。

逆に、多量に摂取することで、健康を損なう恐れすらあるといいます。

また、カルシウム製剤は、成長を促進するというイメージが強いところですが、骨を強くする作用はあっても、成長促進作用はない、といいます。

サプリを頼りにしている人にとっては、かなりショッキングな評価、見解ですね。。。

成長促進する客観的なデータがないのに、健康を損なうリスクがあると言われたら、まるでメリットがないのに、デメリットがあるといったようなもの。

何のためにサプリを飲んでいるんだろう?

って思ってしまいますね…

2,成長ホルモン分泌を促進する物質を含むサプリへの評価・見解

成長ホルモンの分泌を促進するとされるアルギニンは、たしかに成長ホルモン分泌刺激試験の薬として用いられているそうです。

ですが、分泌刺激試験で用いる場合は、直接血管内に点滴投与するもの。

一方、現在サプリメントとして販売されるアルギニン製剤は、錠剤・内服薬。

この違いが、実は決定的な違いらしいのです…

それは、サプリの場合、内容量全部が吸収されて血中に移行したとしても分泌刺激試験の10分の1ぐらいでしかなく、また、そもそも100%全部がそのまま吸収されないことを考慮すると、血中のアルギニン濃度はわずかな上昇にしかならないというんです。

つまり、

サプリメントでは、成長ホルモンの分泌が促進されるとは考えられていない、

ということになります。

さらに、アルギニン以外の物質についても、サプリとして成長ホルモンの分泌が促進されたという学問的なデータが、信頼できる学術雑誌に報告されたことはないといいます。

アルギニンが入っているサプリメントを毎日欠かさず飲んでいたとしても、成長ホルモンの分泌促進には、微々たる影響しかないということになるんですね。

サプリで背を伸ばすことが期待できないとしたら…

子供の一生に影響を与えかねない成長期に十分な栄養を与えてあげたい。

そのために、身長が伸びることが期待できるサプリメントを積極的に活用している人にとって、日本小児内分泌学会の見解は非常にショッキングで、ガッカリ感しかない見解と言えますね。

では、サプリメントに期待できないとなったら、子供の身長を伸ばすためにどうすればいいのでしょうか?

背を伸ばすための一番の近道

結論は、とてもシンプルなものに落ち着きそうです。

「運動」「食事」

当たり前のことをしっかりやるのが一番、確実だと。

答えはすぐ身近なところ、毎日の規則正しい生活にあるようです。

1.バランスの取れた十分な食事。寝る直前はNG。
2.十分な質の高い睡眠。
3.適度な負荷の運動習慣。

ハッキリいって、なんの面白みもない答えです。

ですが、面白いか、面白くないか、よりもはるかに大事なのは、子供の成長。

規則正しい生活を心がける、地道な日々の積み重ねが、背を伸ばすための一番の近道であり、一番確実な方法なんでしょうね。

まとめ

とはいえ、規則正しい生活を毎日継続できる家庭のほうが少数派なのかもしれません。

「今日は規則正しい生活ができなかった…」

と毎日、一喜一憂するくらいなら、サプリメントで少しでも補おうっていう気持ちでサプリを使うのは心に余裕が生まれるし、罪悪感の解消にもなりそうです。

実際、今までサプリメントを信じて続けてきたのに、いきなりサプリはダメだ、効果がない、なんて言われても困りますよね。

規則正しい生活を優先しつつ、それをサポートする役割としてサプリメントを補助的に使うというのが、現実的で、有効な選択肢なのではないでしょうか。