身長が伸びる食べ物は??

「子どもの身長がどれくらい伸びるか?」

子ども本人はもちろん、両親にとってもとても気になるテーマですよね。

「子どもの身長がどこまで伸びるのか?」

は、両親の身長や子供が育つ環境、そして、睡眠や運動といった生活習慣など、数多くの要因が関わってきます。

そのため、どれか一点だけに集中すればOK、というわけにはいかないもの。

その中でも、特に大きな影響を与えるのが、やはり食事・栄養、ですよね。

食事だけで、背を伸ばすことは難しいかもしれませんが、十分な栄養素をしっかり摂取することは身体の成長に大きな好影響を及ぼすといいます。

では、具体的に何を食べればいいのか、どの栄養素に注意すればいいのでしょうか。

そこで、身長に良い影響をもたらす食べ物や栄養素について、調べてみました。

身長と栄養の関係

「この栄養素を取れば身長が伸びる!」

「これを食べたら背が大きくなる!」

といった魔法のような栄養素や食べ物は残念ながらないようです。

大事なのはやっぱりバランスです。

栄養のバランスを意識することが大事になってきます。

ではどの栄養素をバランスよく摂るのが身長が伸びるために効果的なのでしょうか?

身長を伸ばす栄養素

  • カルシウム
  • タンパク質

「身長が伸びる」ということは、「骨が伸びる」ということです。

つまり、丈夫な骨を作り、どんどん伸ばしてあげることが、背が伸びるために必要なこと。

そのために最も重要な栄養素が、カルシウムとタンパク質なんです。

骨の仕組み

骨のしくみはどうなっているかというと、繊維状のたんぱく質(コラーゲン)が骨格となって、その繊維の間にカルシウムが吸着してできるというのです。

よく例えられるのは、鉄筋コンクリート。

タンパク質が鉄筋で、カルシウムがコンクリートのようなイメージなんですって。

これはイメージしやすいですね。

そう考えると、タンパク質だけでも、カルシウムだけでも不十分で、両方をバランスよく摂ることが大事なのがよくわかりますね。

  • マグネシウム
  • ビタミンD
  • 亜鉛

骨を作るために必須のカルシウムですが、弱点があるって知ってました?

その弱点とは、体内に吸収されにくいこと。

そこで、

カルシウムの吸収をサポートする役割を果たしてくれる、マグネシウムやビタミンD、亜鉛といった栄養素をバランスよく摂取することが重要なんです。

ただ、炭水化物や脂質と違い、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛は「とりあえず何かを食べていればそれなりに摂取できてしまう栄養素」ではありません。

漫然と食事をしているだけでは十分な量を摂取することができないので、意識的に摂取しようという心がけが大事になってくるといいます。

たしかに、炭水化物や脂質は、好きなものを食べているだけで、十分すぎるほど、摂取できてしまうイメージはありますよね。

でも、普段食べているものに、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛て入っているのかな、と考えると、大丈夫かなって不安になりそうです。。

身長が伸びる食べ物

では、こうした栄養素を積極的に取り入れるためには、具体的に何を食べたらいいのでしょうか?

背が伸びるために欠かせない栄養素を多く含む食べ物をご紹介します。

カルシウムを豊富に含む食品

  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
  • 魚(ちりめんじゃこ、ワカサギ、干し桜えびなど)
  • 海藻(わかめ、ひじきなど)
  • 野菜(小松菜、チンゲン菜、切干大根、クレソンなど)
  • 大豆製品(豆腐、納豆、油揚げなど)
  • その他、ごまやアーモンドなど

マグネシウムを豊富に含む食品

  • しらす干し
  • 納豆
  • 油揚げ
  • イクラ
  • アサリ
  • ひじき
  • ココア
  • 桜えび

ビタミンDを豊富に含む食品

  • しらす干し
  • イクラ
  • サケ
  • サンマ
  • ヒラメ
  • きくらげ

亜鉛を豊富に含む食品

  • 牡蠣
  • 豚肉
  • 牛肉
  • チーズ
  • ココア

タンパク質を豊富に含む食品

  • 肉類
  • 魚類
  • 乳製品
  • 豆製品

こうしてみると、肉類も、魚類も、豆類も、野菜も、乳製品も、、、

バランスのよい食生活がやっぱり大事なんだな、と改めて気付かされますね。

身長を伸ばすためにはNGな食べ物

身長を伸ばすための食事・栄養素をしっかりとバランスよくとることが重要なのがわかりました。

ただ、もう一つ大事なことは、身長が伸びるためにNGな食事・栄養素を避けることだといいます。

とくに気をつけたいのが、大好きな子どもが多いスナック菓子や甘い炭酸飲料、ジャンクフードなどなど。

なぜNGな食べ物なのかというと、これらには、カルシウムを体外へ排出してしまうリンが多く含まれているからなんです。

せっかく摂ったカルシウムを台無しにするようなことは極力避けたいものですよね。

普段の食生活に何を付け足せばいいか、ばかり考えがちで、何を取り除けばいいか、ってあまり考えない傾向ありませんか。

プラスを取り入れ、マイナスを除外すれば、なんだか2倍の効果を得られそうな感じがしてきますね。

まとめ

身長を伸ばすために必要な食べもの・栄養素に欠かせないのがバランスよく、という意識だと痛感しました。

ただ、バランスといえば、栄養面のバランスだけではないですよね。

身長を伸ばすためには、栄養面とそれ以外の面も含めた全体的なバランスこそ、大切だといいます。

骨や筋肉に適度な刺激を与える運動、そして、十分な睡眠。

毎日、毎食の栄養はもちろん、よく食べること、よく動くこと、よく寝ること。

こうした基本をしっかり丁寧に積み上げることこそ、子どもの成長には一番不可欠なのは忘れないようにしたいところですね。