身長・体重を英語表記すると…

あなたは、自分の身長や体重を英語で表現できますか?

よくスポーツ中継などで、フィートやポンドといった表現を見聞きしませんか?

ボクシングを見てると、よく出てくるワードですよね。

日本だと、身長、体重wpcmやkgといった単位を使って表現しますが、英語だと違うんですよね。

そこで、身長と体重の英語での表現方法について、調べてみました。

身長を英語で言うと?

身長は英語では「height」といいます。

日本では身長の単位は「meter(メートル)」で表現しますが、アメリカでは、身長の単位は「フット (foot) &インチ (inch)」 で表現します。

そして、「foot(フット)」の複数形が「feet(フィート)」となります。

身長を換算すると

では、「cm」から「foot(feet)」「inch」に換算するにはどうするのかというと

  • 1inch 2.54cm
  • 1foot = 12inches 30.48cm

という計算式で単位が変換されます。

たとえば、身長180cmの場合は、5feet 10inchとなりますね。

身長の英語表記

また、feetやinchは、省略して表記することができます。

省略する場合に用いるのが、「’(アポストロフィー)」と「″(ダブルプライムマーク)」で「(フットの数)’(インチの数)″」と表記することになります。

以上を踏まえると、センチからフィートへの変換は、こんな感じになります。

  • 150cm = 4 feet 11(4’11″)
  • 160cm = 5 feet 3(5’3″)
  • 170cm = 5 feet 7(5’7″)
  • 180cm = 5 feet 10(5’10″)

「身長何cmですか?」を英語にすると…

身長の英語表記について調べましたが、ついでに、英語で身長を質問する場合の表現についても調べてみました。

主に、2つの表現があるんです。

  • What’s your height?
  • How tall are you?

そして、身長の答え方としては、

  • I’m ◯ feet ◯ inches.
  • My height is ◯ feet ◯ inches.

となるそうです。なお、「cm」で答えてもいいそうです。

では、次に、身長同様、体重の場合について、調べてみました。

体重を英語で言うと…

「体重」は英語では「weight」といいます。

日本では体重の単位を「gram(グラム)」で表現しますが、アメリカでは、体重は「pound(ポンド)」で表現します。

体重を換算すると

では、「kg」から「pound」に換算するにはどうするのかというと、

  • 1pound ≒ 0.45kg
  • 1kg ≒ 2.2pound

という形で単位が変換されますので、

自分の体重をポンドで伝える場合、キログラムの体重に2.2をかけることで簡単に変換できることになります。身長よりもサクッと計算できますね。

たとえば50キログラムなら、2.2をかけて、110ポンドとなります。

体重の英語表記

また、poundは、省略して表記することができます。

「pound」の省略形は「lb」と表記します。

「体重何kgですか?」を英語にすると…

体重の英語表記について調べましたが、英語で体重を質問する場合の表現についてもご紹介します。

相手の体重を聞く表現は2つあります。

  • How much do you weigh?
  • What’s your weight?

「What’s your weight?」のほうが少しカジュアルな表現だそうです。

ただし。

日本人以上に、アメリカや欧米では、体重に敏感だといいます。

日本人女性に対して、体重何kgですか?なんて、なかなか聞けないですよね。

と考えると、よほどのことがない限り、質問しないほうがよさそうですね。。。

ちなみに、体重の答え方としては、

  • I weigh ◯ pounds.

となるそうです。なお、「kilograms」で答えてもいいそうです。

まとめ

フィート、インチ、ポンドという表記を見たとき、これでセンチやキログラムに換算する方法がわかったので、イメージしやすくなるのではないでしょうか。

ただ、変換する計算式自体は、体重は比較的簡単ですが、身長の場合はけっこう複雑。

ネット検索すると、調べたい身長や体重を入力するだけで、自動換算してくれるサイトもあるので、自分で計算するのが面倒だと感じたら、そちらを使えば一発でわかるので便利ですよ。

また、自分の身長と体重くらいなら、いちいちネット検索するよりも、 「フィート&インチ」 や 「ポンド」 での表現を覚えてしまったほうが楽だと思いました。