身長を盛る方法

成長期がとっくに過ぎ、もう何をやっても身長を伸ばすことなんてムリ。。。

それでも、身長を少しでも高く見せたい。

身長が小さいことに悩む男性にとって、いかに身長を高く見せるかは大きなテーマですよね。

身長が高くなると見える景色が変わり、自分に自信がつくといいます。

そこで、身長を盛る方法を調べてみました。

身長を補正する強力アイテム

身長を盛る方法は、主に2つあります。

①身長を盛る靴・スニーカーを履く

②身長を盛るインソール(中敷き)を使う

身長を高く見せるうえで、ハズせないのが、いかにバレないようにやるか、ではないでしょうか。

バレずにさりげなく身長をupすることを目的とした場合、「少し厚底の靴やスニーカーを履く」、「靴の中にインソール(中敷き)を入れる」というのはまさにピッタリの方法だといえそうですね。

たしかに、洋服の着こなしで身長を高くみせる方法もありますが、それはあくまでも目の錯覚を利用したものですよね。

身長が高いように感じさせることはできますが、実際には、身長はほとんど変わっていません。

だから、ファッション面での工夫は遠目には効果があっても、距離が近づくほどに、その効果は減ってしまいますよね。

対面だったら、まったく効果がないといってもいいのではないでしょうか。

その点、靴やスニーカー、インソール(中敷き)で物理的に身長をアップする方法は、対面であっても、背を高く見せることができます。

身長を補正するためには、ファッションよりも盛れる靴やインソールを活用するほうが理にかなっているといえますね。

身長盛れる靴・スニーカー

身長を盛るための靴といえば、シークレットブーツが真っ先に思い浮かぶ、かもしれません。

ですが、実際のところは、大手ブランドも含め、多くのメーカーから、足が長く見える厚底の靴やスニーカーが発売されているって知ってました?

中には、普段履いているスニーカーと同じようなデザインでありながら、身長を盛ることができるスニーカーも少なくありません。

さりげなく盛りたい、という人には、目立たず履けるというのは大きなメリットではないでしょうか。

身長をupできる幅も、およそ3cmから4cm程度なので、この点もバレずにさりげなく盛りたいというニーズにピッタリですね。

それに、身長盛りすぎて歩きづらいのはムリ、身長盛れてもダサいのはイヤ、というデメリットをカバーしてくれる、履き心地の歩きやすい靴や、かっこいい、おしゃれなスニーカーも多いので、いろいろと探してみること自体、楽しめそうです。

唯一の弱点??

さりげなく身長アップできる靴やスニーカーのメリットを挙げましたが、意外な弱点もあるんです…

それは、バレやすいこと

「バレにくいのがメリットでは??」

と思われたかもしれませんが、「バレにくい」「おしゃれ」「スタイリッシュ」という3大メリットがあるからこそ、多くの人に愛用されます。

多くの人たちに愛用されるということは、結果として、特に靴好きの人たちの間では、厚底の靴やスニーカーであることが、もはや周知の事実となってしまう、ということになってしまうんです。。。

見る人が見たら、足元を見ただけで「身長盛っている」ことがバレバレなんです。

とはいえ、シューズ好きの、見る人が見たら、という条件付きですので、そこまで神経質にならなくてもいいレベルかもしれません。

身長盛るインソール(中敷き)

少しでも身長を高く見せたいけど、それ以上に身長を盛っていることがバレたくないという人には、シークレットシューズや厚底の靴・スニーカーよりも、インソール(中敷き)のほうがいいかもしれません。

今履いている靴に、中敷きとして入れるだけで、あっという間に身長アップ効果が得られるインソールは、バレないというメリットが大きい、身長盛れるアイテムとして人気です。

インソールって、外からはまったくわからないまま、身長を盛ることができるのが最大の利点ですし、靴を買うよりもインソールを買うほうがコスパの点でも優秀です。

バレないインソール(中敷き)の注意点

バレないことが最大のメリットとも言えるインソールですが、注意点としてはインソールを入れた時の足首の位置。

足首の位置が露骨に変化すると、不自然さが半端ないです…

足首が出るファッションをする際には、とくに注意が必要といえます。

より安全に、リスクを抑えたいなら、足首が隠れるようなファッションを選びたいところですね。

また、中敷の厚さ=高さが加わるので、甲が狭い靴には使用しないほうがいいです。

甲に余裕のある靴や大き目の靴、ブーツなどに選ぶようにしましょう。

まとめ

変えることができない身長。

背が低い悩みを簡単に改善してくれるという点で、身長を盛る効果のある靴・スニーカーやインソール(中敷き)はとてもありがたい存在です。

実際の身長に変化がなくても、身長が高く盛ることで、自然と自分に自信が持てたり、ポジティブな内面の変化につながるもの

確かに、バレるのが絶対的にイヤだとしたら、何も盛らないのがベストな選択肢なのは間違いありません。

ですが、バレるリスクを多少なりとも犯すことによって、ほんの数センチ、目線が高くなるだけで。「こんなにも見える景色が違うものか…」という、新鮮な驚き、一度は体験してみる価値があると思いますよ。