USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の身長制限

乗り物、ショー、パレード、季節ごとのイベントなど、バリエーションが豊富でどんな人でも楽しむことができると言われるユニバーサルスタジオジャパン(USJ)。

アトラクションに限ってみれば、絶叫系が多いのが特徴といえます。

ただ、絶叫系のスリリングなアトラクションが多いということは、それだけ身長制限のあるアトラクションが多い、ということにもつながります。

小さな子を連れて、家族でUSJに行く際には、事前に身長制限にひっかからないアトラクションを知っておくことが、スムーズに効率よくユニバを楽しむための秘訣ともいえそうです。

そこで、ユニバーサルスタジオジャパンにあるアトラクションの身長制限について、調べてみました。

身長制限がないアトラクション

身長制限のあるアトラクションの前に、まずは、身長制限を気にしなくていい、誰でも楽しめるアトラクションについてまとめました。

USJで身長制限がないアトラクションは以下のとおりです。

  • シング・オン・ツアー
  • プレイング・ウィズおさるのジョージ
  • ターミネーター
  • バックドラフト
  • ジョーズ
  • ウォーターワールド
  • エルモのリトルドライブ
  • ビッグバードのビックトップサーカス
  • ハローキティのカップケーキドリーム(なし ※同伴者がいればOK)

まだまだ、身長制限うんぬんをいえる年齢ではないお子さんを抱える場合でも、楽しめるアトラクションはけっこう豊富にあるものですね。

身長制限92cm以上

ユニバでの最も低い身長制限は92cm。

身長92cm以上あれば乗れるアトラクションは以下のとおりです。

なお、身長92cmとは目安的に、2歳10か月の平均身長です。

よって、3歳くらいのお子さんであれば、大人同伴で乗ることができるといえますね。

《大人同伴とは》…

身長制限92cmをクリアしていて、かつ、心身共に健康な中学生以上の同伴者がいれば、そのアトラクションに乗ることができますよ、という意味です。

ちなみに、大人同伴ではなく、一人で乗る場合には、身長122cm以上必要です。

  • スヌーピーのグレートレース
  • フライングスヌーピー
  • モッピーのバルーントリップ
  • フライトオブザヒッポグリフ
  • ミニオンハチャメチャアイス
  • エルモのゴーゴースケートボード
  • エルモのバブルバブル

身長制限102cm以上

次に大きな身長制限は、102cm以上です。

102cm以上をクリアしていれば、乗れるアトラクションは以下のとおりです。

なお、身長102cmとは目安的に、4歳3か月の平均身長です。

よって、4歳半くらいのお子さんであれば、大人同伴で乗ることができるといえますね。

《大人同伴とは》…

身長制限102cmをクリアしていて、かつ、心身共に健康な中学生以上の同伴者がいれば、そのアトラクションに乗ることができますよ、という意味です。

ちなみに、大人同伴ではなく、一人で乗る場合には、身長122cm以上必要です。

  • NEWスパイダーマンザライド
  • スペースファンタジーザライド
  • ミニオンハチャメチャライド

身長制限107cm以上

そして、さらにもう5cm身長が必要なのが、身長制限107cm以上のアトラクションです。

これは、ジュラシックパークザライドのみ。

なお、身長107cmとは目安的に、5歳1か月の平均身長です。

よって、5歳くらいのお子さんであれば、大人同伴で乗ることができるといえますね。

《大人同伴とは》…

身長制限107cmをクリアしていて、かつ、心身共に健康な中学生以上の同伴者がいれば、そのアトラクションに乗ることができますよ、という意味です。

ちなみに、大人同伴ではなく、一人で乗る場合には、身長122cm以上必要です。

  • ジュラシックパークザライド

身長制限122cm以上

身長制限122cm以上のアトラクションも一つのみです。

ハリポタの乗り物のアトラクションです。

なお、身長122cmとは目安的に、7歳5か月の平均身長です。

よって、7歳半(小学生2年生)くらいのお子さんになりますね。

また、122cm以上のお子さんとなるので、大人同伴ではなく、一人だけで乗ることもできます。

  • ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニー

身長制限132cm以上

ユニバーサルスタジオジャパンの身長制限で最大クラスとなるのが、身長132cm以上です。

132cm以上をクリアしていれば乗れるアトラクションは以下のとおりです。

なお、身長132cmとは目安的に、9歳3か月の平均身長です。

よって、9歳(小学校3年生)くらいのお子さんになりますね。

また、122cm以上のお子さんとなるので、大人同伴ではなく、一人だけで乗ることもできます。

  • フライングダイナソー
  • ハリウッドドリームザライド(バックドロップ含む)

ユニバの身長制限、計測方法は??

では、ユニバーサルスタジオジャパンでは、実際、どのように身長制限をクリアしているかどうかを判定するのでしょうか。

USJの身長チェックは、クルーの目視によって判定されます。

つまり、厳密な誤差まで判定されるわけではありません。

例えば、身長制限102cm以上のところを101.8cmであと2mm足りないからギリギリアウト、なんていうほどシビアに計測しているわけではないんですね。

ある意味、身長制限に該当するかどうかは、担当したクルーの裁量次第、ともいえますね。

というと、ぜんぜん厳しいチェックがないから、ゆるゆるな制限なのかなって印象を抱くかもしれませんが、実はそうともいえないようです。。。

厚底の靴はダメ? ごまかしには厳しい??

USJの身長制限チェックの際は、靴は脱がなくてもいいようです。

ただ、明らかに身長をかさ増ししているヒールのあるような靴や厚底すぎるサンダルなどは、脱ぐように指示がある可能性もあるそうです。

ヒールOKになったら、身長制限を設けている意味がなくなってしまいますからね、当然と言えば当然ですよね。

靴に中敷き・インソールを入れる程度で、明らかなごまかしとはいえないレベルのかさ増しくらいなら、そこまでギリギリのチェックはされないかもしれません。

が、これもまた、担当するクルー次第かもしれませんね。

何よりも安全最優先ですから、厳しいチェックをされてもしかたない、くらいのスタンスでいたいものです。

まとめ

身長制限ギリギリで、きっと乗れるだろうと思い込んでいたのに、いざユニバに行ったら、身長制限クリアできずに乗れなかった…

なんてことになったら、子供の期待やワクワクが一瞬で失望やガッカリに変わってしまうわけですから、とてもかわいそうなことですよね。

身長制限ギリギリの乗り物は今回は乗れないって事前に伝えておくのが、親が子供にできる最善の策ではないでしょうか。

そして、また大きくなったら乗ろうね、と次回の楽しみにとっておいてあげるのもいいかもしれませんね。

身長を盛る方法

成長期がとっくに過ぎ、もう何をやっても身長を伸ばすことなんてムリ。。。

それでも、身長を少しでも高く見せたい。

身長が小さいことに悩む男性にとって、いかに身長を高く見せるかは大きなテーマですよね。

身長が高くなると見える景色が変わり、自分に自信がつくといいます。

そこで、身長を盛る方法を調べてみました。

身長を補正する強力アイテム

身長を盛る方法は、主に2つあります。

①身長を盛る靴・スニーカーを履く

②身長を盛るインソール(中敷き)を使う

身長を高く見せるうえで、ハズせないのが、いかにバレないようにやるか、ではないでしょうか。

バレずにさりげなく身長をupすることを目的とした場合、「少し厚底の靴やスニーカーを履く」、「靴の中にインソール(中敷き)を入れる」というのはまさにピッタリの方法だといえそうですね。

たしかに、洋服の着こなしで身長を高くみせる方法もありますが、それはあくまでも目の錯覚を利用したものですよね。

身長が高いように感じさせることはできますが、実際には、身長はほとんど変わっていません。

だから、ファッション面での工夫は遠目には効果があっても、距離が近づくほどに、その効果は減ってしまいますよね。

対面だったら、まったく効果がないといってもいいのではないでしょうか。

その点、靴やスニーカー、インソール(中敷き)で物理的に身長をアップする方法は、対面であっても、背を高く見せることができます。

身長を補正するためには、ファッションよりも盛れる靴やインソールを活用するほうが理にかなっているといえますね。

身長盛れる靴・スニーカー

身長を盛るための靴といえば、シークレットブーツが真っ先に思い浮かぶ、かもしれません。

ですが、実際のところは、大手ブランドも含め、多くのメーカーから、足が長く見える厚底の靴やスニーカーが発売されているって知ってました?

中には、普段履いているスニーカーと同じようなデザインでありながら、身長を盛ることができるスニーカーも少なくありません。

さりげなく盛りたい、という人には、目立たず履けるというのは大きなメリットではないでしょうか。

身長をupできる幅も、およそ3cmから4cm程度なので、この点もバレずにさりげなく盛りたいというニーズにピッタリですね。

それに、身長盛りすぎて歩きづらいのはムリ、身長盛れてもダサいのはイヤ、というデメリットをカバーしてくれる、履き心地の歩きやすい靴や、かっこいい、おしゃれなスニーカーも多いので、いろいろと探してみること自体、楽しめそうです。

唯一の弱点??

さりげなく身長アップできる靴やスニーカーのメリットを挙げましたが、意外な弱点もあるんです…

それは、バレやすいこと

「バレにくいのがメリットでは??」

と思われたかもしれませんが、「バレにくい」「おしゃれ」「スタイリッシュ」という3大メリットがあるからこそ、多くの人に愛用されます。

多くの人たちに愛用されるということは、結果として、特に靴好きの人たちの間では、厚底の靴やスニーカーであることが、もはや周知の事実となってしまう、ということになってしまうんです。。。

見る人が見たら、足元を見ただけで「身長盛っている」ことがバレバレなんです。

とはいえ、シューズ好きの、見る人が見たら、という条件付きですので、そこまで神経質にならなくてもいいレベルかもしれません。

身長盛るインソール(中敷き)

少しでも身長を高く見せたいけど、それ以上に身長を盛っていることがバレたくないという人には、シークレットシューズや厚底の靴・スニーカーよりも、インソール(中敷き)のほうがいいかもしれません。

今履いている靴に、中敷きとして入れるだけで、あっという間に身長アップ効果が得られるインソールは、バレないというメリットが大きい、身長盛れるアイテムとして人気です。

インソールって、外からはまったくわからないまま、身長を盛ることができるのが最大の利点ですし、靴を買うよりもインソールを買うほうがコスパの点でも優秀です。

バレないインソール(中敷き)の注意点

バレないことが最大のメリットとも言えるインソールですが、注意点としてはインソールを入れた時の足首の位置。

足首の位置が露骨に変化すると、不自然さが半端ないです…

足首が出るファッションをする際には、とくに注意が必要といえます。

より安全に、リスクを抑えたいなら、足首が隠れるようなファッションを選びたいところですね。

また、中敷の厚さ=高さが加わるので、甲が狭い靴には使用しないほうがいいです。

甲に余裕のある靴や大き目の靴、ブーツなどに選ぶようにしましょう。

まとめ

変えることができない身長。

背が低い悩みを簡単に改善してくれるという点で、身長を盛る効果のある靴・スニーカーやインソール(中敷き)はとてもありがたい存在です。

実際の身長に変化がなくても、身長が高く盛ることで、自然と自分に自信が持てたり、ポジティブな内面の変化につながるもの

確かに、バレるのが絶対的にイヤだとしたら、何も盛らないのがベストな選択肢なのは間違いありません。

ですが、バレるリスクを多少なりとも犯すことによって、ほんの数センチ、目線が高くなるだけで。「こんなにも見える景色が違うものか…」という、新鮮な驚き、一度は体験してみる価値があると思いますよ。