都道府県別平均身長ランキング

平均身長と聞くと、世界的な傾向として、欧米人は背が高くて、アジア人は背が低い、というイメージありませんか。

きっと多くの人が抱くイメージだと思います。

では、日本国内で見たら、何かイメージするものありますか?

全国で一番平均身長が高い都道府県とか、全国で一番平均身長が低い都道府県はどこって質問されて、パッと答えが思い浮かびます?

個人的には、同じ日本人なのだから、都道府県別に見ても、そんな大差ないんじゃないかって思ってました。

ですが、実は、意外な特徴があったんです。

そこで、47都道府県を平均身長の高い順にランキングしてみました。

※平均身長については、平成27年度 学校保健統計調査の数値を用いています。また、男子、女子ともに、17歳の平均身長を用いています。

平均身長 都道府県別ランキング(男子編)

男性の平均身長が高い都道府県を上位からランキングしてみました。

都道府県別平均身長1位

青森県 171.7cm

都道府県別平均身長2位

秋田県 171.6cm

都道府県別平均身長3位

千葉県 171.3cm

神奈川県 171.3cm

富山県 171.3cm

都道府県別平均身長6位

滋賀県 171.2cm

都道府県別平均身長7位

東京都 171.1cm

福井県 171.1cm

都道府県別平均身長9位

静岡県 171.0cm

和歌山県 171.0cm

都道府県別平均身長11位

山形県 170.9cm

島根県 170.9cm

都道府県別平均身長13位

宮城県 170.8cm

埼玉県 170.8cm

石川県 170.8cm

三重県 170.8cm

京都府 170.8cm

奈良県 170.8cm

都道府県別平均身長19位

新潟県 170.7cm

岐阜県 170.7cm

熊本県 170.7cm

都道府県別平均身長22位

群馬県 170.6cm

大阪府 170.6cm

都道府県別平均身長24位

北海道 170.5cm

兵庫県 170.5cm

徳島県 170.5cm

都道府県別平均身長27位

長崎県 170.4cm

大分県 170.4cm

都道府県別平均身長29位

長野県 170.3cm

愛知県 170.3cm

岡山県 170.3cm

広島県 170.3cm

都道府県別平均身長33位

島根県 170.2cm

宮崎県 170.2cm

都道府県別平均身長35位

福島県 170.1cm

茨城県 170.1cm

栃木県 170.1cm

山梨県 170.1cm

香川県 170.1cm

福岡県 170.1cm

佐賀県 170.1cm

都道府県別平均身長42位

山口県 170.0cm

鹿児島県 170.0cm

都道府県別平均身長44位

高知県 169.7cm

都道府県別平均身長45位

愛媛県 169.6cm

都道府県別平均身長46位

岩手県 169.5cm

都道府県別平均身長47位

沖縄県 168.5cm

平均身長 都道府県別ランキング(女子編)

女性の平均身長が高い都道府県を上位からランキングしてみました。

都道府県別平均身長1位

神奈川県 158.6cm

都道府県別平均身長2位

秋田県 158.4cm

滋賀県 158.4cm

山形県 158.4cm

都道府県別平均身長5位

青森県 158.3cm

和歌山県 158.3cm

都道府県別平均身長7位

東京都 158.2cm

福井県 158.2cm

京都府 158.2cm

都道府県別平均身長10位

新潟県 158.1cm

石川県 158.1cm

福島県 158.1cm

都道府県別平均身長13位

千葉県 158.0cm

大阪府 158.0cm

愛知県 158.0cm

栃木県 158.0cm

都道府県別平均身長17位

群馬県 157.9cm

兵庫県 157.9cm

都道府県別平均身長19位

富山県 157.8cm

埼玉県 157.8cm

鳥取県 157.8cm

三重県 157.8cm

奈良県 157.8cm

都道府県別平均身長24位

長崎県 157.7cm

都道府県別平均身長25位

宮城県 157.6cm

北海道 157.6cm

山梨県 157.6cm

岩手県 157.6cm

徳島県 157.6cm

都道府県別平均身長30位

静岡県 157.5cm

佐賀県 157.5cm

福岡県 157.5cm

鹿児島県 157.5cm

都道府県別平均身長34位

熊本県 157.4cm

岡山県 157.4cm

香川県 157.4cm

高知県 157.4cm

都道府県別平均身長38位

宮崎県 157.3cm

山口県 157.3cm

都道府県別平均身長40位

岐阜県 157.2cm

長野県 157.2cm

広島県 157.2cm

島根県 157.2cm

愛媛県 157.2cm

都道府県別平均身長45位

大分県 157.1cm

茨城県 157.1cm

都道府県別平均身長47位

沖縄県 155.9cm

ベルクマンの法則

男女別、都道府県別平均身長ランキングの結果はいかがだったでしょうか。

なかなか予想通りだったという感想、少ないのではないでしょうか。

そして、ランキングがけっこう特徴的だと感じませんでした?

中国、四国、九州、沖縄といった日本で南に位置する県が、ランキング下位に集中していて、逆に、東北など北に位置する県は、ランキング上位に集中しているように感じませんか。

南は平均身長が低く、北は平均身長が高い、という印象なんですよね。

実は、こうした身長差は、居住地域の寒さが影響しているという説があるんです。

それが、「ベルクマンの法則」

ベルクマンの法則とは、寒い地域の動物の方が体が大きいというもの。

クマなど、生息地域によって、サイズに差が見られるという法則なのですが、人間にもその傾向があるようで、たとえば、アングロサクソンやゲルマン人など、寒冷な北方に住んでいた人たちは背が高くて、がっちりしていると。

その一方で、ラテン系など、温暖な地中海に住んでいた人たちは、それほど背が高くない傾向があるといいます。

寒い地域の方が背が高くなる?

寒い地域では「いかに体温を維持できるか」が、生き残るために重大なテーマとなります。

そのために、身体を大きくする必要があったと言われているんです。

身体を大きくすることで、体内でより多くの熱を発生させることができると同時に、体重を増やすことで体重あたりの身体の表面積を小さくし、逃す熱を抑えることができるのだと。

その影響が同じ日本国内でも、寒い地域と暖かい地域で差が生まれて、都道府県別に見たときに、特徴として現れている、

ということなのかもしれませんね。

まとめ

同じ日本国内・同じ日本人といっても、寒い地域と暖かい地域によって、平均身長の大小の傾向が見て取れるものなんですね。

それにしても、1位と47位では平均身長に3cm近い差があるなんて、けっこう大きな差といえるのではないでしょうか。

子供の平均身長

我が子がスクスクと成長すること。

それは父親、母親にとって、とても大きな関心事の一つですよね。

それは、子供自身にとっても、同じくらい大きな関心事かもしれません。

自分は平均と比べて高いのか、低いのか、自身について、子供について、とても気になったことって、ありませんか?

そこで日本の子供の平均身長を年齢別に調べてみました。

(〜厚生労働省の国民健康・栄養調査資料より) 

赤ちゃん〜小学生までの身長

まずは、1歳児から小学校卒業時までの平均身長の推移です。

1歳の平均身長

1歳児の平均身長(男性)…78.6cm

1歳児の平均身長(女性)…76.8cm

2歳の平均身長

2歳児の平均身長(男性)…89.4cm(1年間で+10.8cm)

2歳児の平均身長(女性)…87.9cm(1年間で+11.1cm)

3歳の平均身長

3歳児の平均身長(男性)…95.8cm(1年間で+6.4cm)

3歳児の平均身長(女性)…93.8cm(1年間で+5.9cm)

4歳の平均身長

4歳児の平均身長(男性)…102.3cm(1年間で+6.5cm)

4歳児の平均身長(女性)…102.8cm(1年間で+9.0cm)

5歳の平均身長

5歳児の平均身長(男性)…108.3cm(1年間で+6.0cm)

5歳児の平均身長(女性)…109.1cm(1年間で+6.3cm)

6歳の平均身長

6歳児の平均身長(男性)…116.9cm(1年間で+8.6cm)

6歳児の平均身長(女性)…115.3cm(1年間で+6.2cm)

7歳の平均身長

7歳児の平均身長(男性)…121.3cm(1年間で+4.4cm)

7歳児の平均身長(女性)…122.0cm(1年間で+6.7cm)

8歳の平均身長

8歳児の平均身長(男性)…127.7cm(1年間で+6.4cm)

8歳児の平均身長(女性)…126.7cm(1年間で+4.7cm)

9歳の平均身長

9歳児の平均身長(男性)…134.9cm(1年間で+7.2cm)

9歳児の平均身長(女性)…134.2cm(1年間で+7.5cm)

10歳の平均身長

10歳の平均身長(男性)…137.4cm(1年間で+2.5cm)

10歳の平均身長(女性)…138.3cm(1年間で+4.1cm)

11歳の平均身長

11歳の平均身長(男性)…144.4cm(1年間で+7.0cm)

11歳の平均身長(女性)…148.1cm(1年間で+9.8cm)

12歳の平均身長

12歳の平均身長(男性)…150.8cm(1年間で+6.4cm)

12歳の平均身長(女性)…149.5cm(1年間で+1.4cm)

年齢別に見ると、大きく伸びる年とあまり伸びない年の差がかなり大きいように感じますね。

毎年、ある程度一定の率で身長が伸びるのかと思っていたら、そんなこともなさそうですね。

中学生〜成人までの身長

では、次に、中学生、高校生、そして、成人になるまでの各年齢の平均身長を男女別にご紹介します。

13歳の平均身長

13歳の平均身長(男性)…158.0cm

13歳の平均身長(女性)…154.7cm

14歳の平均身長

14歳の平均身長(男性)…165.4cm

14歳の平均身長(女性)…157.4cm

15歳の平均身長

15歳の平均身長(男性)…168.4cm

15歳の平均身長(女性)…157.2cm

16歳の平均身長

16歳の平均身長(男性)…170.4cm

16歳の平均身長(女性)…157.7cm

17歳の平均身長

17歳の平均身長(男性)…171.9cm

17歳の平均身長(女性)…159.1cm

18歳の平均身長

18歳の平均身長(男性)…168.9cm

18歳の平均身長(女性)…155.5cm

19歳の平均身長

19歳の平均身長(男性)…170.7cm

19歳の平均身長(女性)…158.0cm

20歳の平均身長

20歳の平均身長(男性)…171.7cm

20歳の平均身長(女性)…154.9cm

年齢別平均身長(by 国民健康・栄養調査(厚生労働省))

小学生くらいまでは男女に身長差はほとんどなかったのが、中学生時代で一気に10cm以上も差がつくんですね。

こうしてみると、男子は小学校卒業から中学生時代までがグングン身長が伸びる成長期といえますね。

そして、中学生時代に、男女の身長差がハッキリ出てくるとも言えますね。

まとめ

自分の年齢と、平均身長を比較してみると、今の自分の立ち位置というか、どのくらい背が高いのか、背が低いのかが、客観的に見えてきますね。

たまたま、身長の大きいグループにいたら、すごく背が低いと悩んでいたとしても、実は、日本全体の平均身長からしたら、そんなに悩むほどではなかった、とほっとするケースもありそうです。

とはいえ、やはり、平均値は平均値。

当然、個人差があるもの。

ぐんぐん背が伸びる、成長期に入るタイミングもそれぞれですから、あくまで、参考として、この平均身長を捉えた方が良さそうですね。

世界の平均身長まとめ

世界で一番平均身長が高い国ってどこだと思いますか?

日本を含めたアジアではなさそうだとはイメージできますが、実際のところは、どこなのでしょう?

アメリカ?ヨーロッパ?アフリカ?

それとも…

そこで、世界の平均身長について調べてみました。

世界一平均身長が高い国(男性)

まず、男性編から。

世界一平均身長が高い国は…

オランダ

オランダの平均身長は、なんと181.7cm!!

平均身長が180cmを超えているって、日本人からしたらとても信じられないレベルですよね。

世界一平均身長が高い国(女性)

では、女性の世界一はどの国でしょうか。

女性で世界一平均身長が高い国は…

アイスランド

平均身長は168.0cm!!

アイスランドにいくと、身長が170cm以上ある女性は、全然珍しい感覚はまったくないんでしょうね。

世界の平均身長上位をヨーロッパが独占!

世界一平均身長が高い国はオランダですが、それに続く国を見てみると、

デンマーク、アイスランド、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、オーストリア、フィンランド、チェコ、ベルギー…

軒並みヨーロッパの国がズラリと並んでいるのがわかります。

女性においても、やはり、ヨーロッパ諸国が軒並み高いようです。

日本人の平均身長

では、日本人の平均身長は世界的に見てどうなのでしょうか?

気になりますよね。

日本人男性の平均身長

日本人男性の平均身長は、171.6cm

170cm代の大台(?)はあるんですね。

とはいえ、ヨーロッパの高身長国の女性の平均身長と比較すると、たった3cm程度高いだけ、という見方も。。。

日本人女性の平均身長

日本人女性の平均身長というと、158.5cm

意外に日本人て平均身長高いんだ、というのが率直な感想ではないでしょうか。

個人的な感想としては、思ったほど低くないんだなっていう感じです。

実は、これらの数字は30代の平均身長のようなので、もし、全年齢層の平均値を算出すると、もっと低い平均身長になるようです。

(それは、他の国でもそうなのかもしれませんが。)

国別平均身長のグラフ

韓国人の平均身長

ちなみに、隣国の韓国人と日本人の平均身長、どちらが高いのでしょうか。

韓国人男性の平均身長は、171.2cm

韓国人女性の平均身長は、158.0cm

男女ともに、0.5cm程度というわずかな差ではありますが、日本人の方が平均身長が高いんですね。

とはいえ、たったの0.5cmの差ですから、日本人と韓国人の身長はほとんど変わらないといった方が正解なのかもしれませんが。

アメリカ人の平均身長

アメリカも平均身長が高いってイメージありますが、意外にも、ヨーロッパと比較すると、男性、女性ともにおよそ5cmも低いんですね。

その理由としては、アメリカといえば、ヨーロッパ系だけでなく、アジア系、アフリカ系など、さまざまな人種がミックスされた国ですよね。

だから、身長の高い人も、身長の低い人もごっちゃになっているから、それを平均すると、ヨーロッパ諸国よりも下がってしまう、ということが言われているようです。

たしかに、なるほど、っていう理由ですね。

身長分布

では、国別ではなく、地域別に見てみるとどうなるのでしょうか。

身長分布のグラフ

国別ではなく、地域別に見てみると、北欧、中欧、東欧の平均身長が高くて、東南アジア、南アジア、ラテンアメリカの平均身長が低いという分布になっているますね。

これは、なんとなくイメージ通り、といった感じではないでしょうか。

ただ、日本はこうしてみると、そんなに背が低いわけでもないんですね。

アジア圏でみれば、むしろトップレベルの高身長国という位置付けもできるんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

世界の平均身長に関するデータや身長分布図を見ると、

「日本人=背が低い」というのは、そこまでいうほどのきわだった特徴というわけではないんですね。

これ、ちょっとしたサプライズに感じる人も少なくないのではないでしょうか。

とはいえ、やっぱり、ヨーロッパと比較すると、平均身長で10cmも低いので、やっぱりヨーロッパの国々から見ると、「日本人て小さい」と思われているんだろうな、とヒシヒシと感じてしまいました。